タンザニア コーヒー豆は、U.COFFEE(ユーコーヒー)が神戸港開港以来、「コーヒー本来の豊かな香りと深い味わいを楽しんで頂く」その想いを詰め込んだコーヒー豆です

商品カテゴリ一覧 > レギュラーコーヒー > 生産国別 > タンザニア コーヒー豆

■タンザニアコーヒーの特徴

《コーヒーの特徴》
やや強い酸味とコクがあり、柑橘系のフルーティーな甘みのある香りが特徴。

《タンザニアについて》
アフリカの東部に位置し、アフリカ最高峰のキリマンジャロ山麓でコーヒーが栽培されている。

《タンザニアのコーヒー生産状況》
キリマンジャロ山系の標高1,500m〜2,500mの水はけの良い山腹においてプランテーションで栽培されています。基本的に標高が高いところで栽培されていることから、個性的な味覚になっていると考えられています。日本でおなじみのキリマンジャロですが、実は世界ではあまりメジャーではなく、1800年代後半に東アフリカがドイツの植民地であった
ことから、ドイツが最初に輸入をはじめ、その次に日本が始めました。

《タンザニアのコーヒー豆の種類》
約80%がアラビカ種。そのうちウォッシュドで精製されるアラビカ種のことをキリマンジャロと呼ぶ。

《タンザニアコーヒー豆の精選方法》
ナチュラル(乾式)もウォッシュド(水洗式)も行っている。

《タンザニアコーヒー豆のグレード》
スクリーンサイズ(豆の大きさ)で格付けされAA~Cまで4段階に分類される。

1 件中 1-1 件表示 


1 件中 1-1 件表示