ペルー コーヒー豆は、U.COFFEE(ユーコーヒー)が神戸港開港以来、「コーヒー本来の豊かな香りと深い味わいを楽しんで頂く」その想いを詰め込んだコーヒー豆です

商品カテゴリ一覧 > レギュラーコーヒー > 生産国別 > ペルー コーヒー豆

■ペルーコーヒーの特徴

《コーヒーの特徴》
やわらかい酸味と甘みが特徴で雑味が少なく香りも良い。
独特のクセがなく飲みやすいコーヒーです。栽培品種はアラビカ種で、コーヒーの生産量は世界で10位以内(だいたい8位や9位)に入ります。
コーヒーの格付けは、まず精選方法(ナチュラルかウォッシュド)があり、それぞれで欠点数によって決まり、NO,1〜NO,5の5等級に分けられます。

《ペルーについて》
南アメリカの西部に位置し正式名称はペルー共和国で、人口の約半分は原住民族であるインディオによって構成されております。
日本の約3倍強の国土面積を持ち、東にブラジル、北にコロンビア、西は太平洋といった立地で、コーヒー大国ブラジルやコロンビアに囲まれいかにもコーヒー栽培に適した土地であると想像できます。

ペルーはかつてインカ帝国の中心地として隆盛を極めました。
16世紀にスペインに征服されて後、19世紀にようやく独立を果たすまでは、長らくスペインの植民地としての時代が続きました。
また、紀元前より古代文明が栄えクスコなどの遺跡も有名です。
コーヒーの栽培は主にアンデス山岳地帯と北部の標高約800m〜1500mの高地で行われ、基本的に熱帯気候ながらも高地においては昼夜の寒暖の差が大きく、この適した気候の中で高品質なコーヒーが栽培さてれいます。。基本的な産業の中心は金、銀、銅などの鉱業や、天然資源(石油・ガス)、また太平洋に面しており、近海は栄養素の高い成分を含んだフンボルト海流によって水産資源に恵まれ、世界でも有数の漁場を形成しています。
農産物としては、サトウキビやばれいしょう、アスパラガスの次にコーヒーの生産が盛んで、
輸出においてはコーヒーが第1位となっております。

1 件中 1-1 件表示 


1 件中 1-1 件表示