ブレンドによって違う味わい、楽しみ方[コーヒー抽出指導号]

酸味の強い豆、苦味の強い雨など、コーヒーの豆には様々な個性があります。
ブレンドとは、異なる個性の豆を配合し、豆の持ち味をバランスよく調和させることで新しい味を作り出すこと。
単品の豆にはない、深みのある味わいを作ることがねらいです。

ブレンドとは、異なる個性の豆を配合し、豆の持ち味をバランスよく調和させること

ブレンドを行う場合、ベースとなる豆を最初に決めることが大切です。
ベースの豆は、味のバランスの良いブラジルやコロンビアなどがおすすめです。
これに風味や香りをプラスする豆(例えばキリマンジャロやグアテマラなど)、さらに独特の個性のある豆(マンデリン、モカなど)をブレンドすると味に深みが生まれます。

また、品種が同じでも、焙煎度合いの異なる豆を配合するブレンド方法もあります。
この場合は焙煎の度合いが近い豆(中煎り+やや深煎り、やや深煎り+深煎りなど)をブレンドすること。

焙煎度合いの差が大きいと味のバランスが悪くなります。
また、ブレンドする豆の種類は2~3種類、多くても4種類ぐらいまでにした方が無難です。
豆の種類が増えるほど配合の仕方が難しくなり、ピントの合わない味になる恐れがあります。