コーヒー豆の保存方法について

コーヒー粉、コーヒー豆を保存する時のおすすめの方法について。

コーヒーをスーパーや専門店、デパート、ネットで買われた時、コーヒーはどのように保存しておくのが一番よいのでしょうか?
コーヒーは、酸化することで味や香り、風味が変化していきます。ですので、酸化を遅らせる方法で保存をしておけば良いというのが正しい保存方法となります。

コーヒー豆を購入する量は、2週間程度が一般的

通常、コーヒーが買われる単位は、二週間ほどで飲みきってしまう量が一般的です。
しかし、初めの一杯と最後の一杯で香り、味は変わっていませんか?

コーヒーは生鮮食品と言われます。ただ、肉、魚等のように古くなっても腐るということがないので、見た目には変わりませんが、香り、味は劣化します。
コーヒー豆は、焙煎した直後から酸化が始まります。
ですので、購入されたコーヒー豆は出来るだけ早くお召しあがる事をお勧めいたします。

コーヒー豆の方が保存に適している

コーヒー豆は粉に挽くと、表面積が大きく増える為、より一層空気に触れることになり、豆の状態よりも酸化が早く進みます。
特にこだわりのコーヒーをご購入される場合は、コーヒー豆のままで購入し、飲まれる時にミルで挽かれることをお奨め致します。コーヒーの風味を長く楽しめる事ができます。

コーヒーが劣化するのは下記が原因です。

  • 空気(酸素)
    コーヒーは空気に触れることで、酸化が進み、香りが弱くなり、味が劣化します。
  • 温度
    温度が高いと酸化が進みます。

  • 紫外線はコーヒーの色調や風味に影響を与えます。蛍光灯の光でも影響があるとの
    データもあります。

  • コーヒーは水に触れると急速に劣化します。

焙煎されたコーヒー豆は多孔質で水分含有量も通常3%以下ですから、非常に水分を吸収しやすい性質を持っています。
冷蔵庫や冷凍庫で保存する場合は温度差で結露しますので、使う時は出している時間を出来るだけ短くして下さい。
小分けして保存しておくのも良い方法です。
保存容器を濡らしたり、濡れたメジャースプーンを使うことは絶対に避けて下さい。

1カ月以内なら密閉して冷蔵庫へ

具体的には、一ヶ月以内に使用される場合は、買われた袋の口を折りたたみ、輪ゴムかテープで留め、保存瓶、ジップロック袋、タッパウェア等の容器に入れ、冷蔵庫で保存して下さい。

1カ月以上なら冷蔵庫へ

一ヶ月以上使用されない場合は、密閉できる容器に入れ、冷凍庫で保存して下さい。

上記の方法で保存していたとしても、コーヒーは徐々に劣化していきます。
一~二週間で使い切る量を小まめに買われることをお奨め致します。

結論として、美味しいコーヒーを飲むには、

コーヒー豆の状態で2週間以内に飲む量を購入して、利用されないコーヒー豆は冷蔵庫に保存。
淹れる直前に、必要な分量を取り出して、ミルなどで挽いたものをハンドドリップでお召し上がりください。

コーヒーの美味しいさを確かめる事ができると思います。