コーヒーをカッピングすることの大切さ

コーヒー生豆は農作物ですので、例え同じ生産国のコーヒー豆であっても品質が同じわけではありません。
コーヒーの品質を保つために生豆については定期的にカッピングをして品質確認をするようにしています。

特にコーヒーの麻袋に記載されているロットナンバーが変わった時にはテストロースターで浅煎りにして、実際にカッピングすることで品質確認をするようにしています。

コーヒーを浅煎りにする理由について

品質確認でカッピングする際には基本的に浅煎りのコーヒー豆が用いられます。
これは焙煎が深くなるとコーヒーの持っている味わいが変化していき苦味が強くなり、酸味が減少していくために正確な味わいを判断することが出来なくなるためです。
ライトロースト~ミディアムロースト相当の比較的焙煎が浅い状態で味覚検査を行うわけです。

基準の範囲内の味であるかどうかということはもちろん、発酵豆などの欠点混入もこのカップテストによって判断することが出来るわけです。
コーヒー生豆の品質をチェックするためにもこのカップテストは非常に大切な工程なのです。

コーヒーをカップテストする際に大切なこと

正確にカップテストをするためには焙煎方法だけでなく、カッピング担当者の体調管理も非常に大切です。
風邪などで体調を崩していては味を正確に判断することは出来ませんから常に体調維持には注意する必要があります。

これからも神経を集中させて美味しいコーヒーをお届けできるように品質チェックを続けていきます。